Securitygirl.net へようこそ。Securitygirl.net は、安全保障の勉強をこころざす皆さんのためのサイトです。

安全保障を学ぶにあたり、便利な情報を載せる予定です。安全保障や国際関係の問題について意見や疑問を交わす場としてつかっていただけると幸いです。また、アメリカの大学院情報も掲載する予定ですので、アメリカで学ぶ現役大学院生・卒業生の方で、情報を提供していただける方、是非管理人までご連絡ください。

 

WHAT'S NEW>>

国際関係論のページ(主にConstructivismについて)を改めました。参考文献も少し改善しました。野口先生ありがとうございました。(2006年9月)

George Washingtonという大学の政治学部で博士課程を始めました。こちらの更新がさらにおろそかになりそうですが、また学問の世界に戻ってきたので、こちらの構成なども改善できるかなと思います。(2005年9月)

ここにお知らせしていませんでしたが、リンクのページも少しずつ新しいものを加えています。管理人も参加するEast Asian International Affairs も最近加えたので見てください。

アジアの安全保障のページに、英語のペーパーを載せました。日米防衛協力ガイドラインの見直しと意義について(Rivisitng the Guidelines for US-Japan Security Cooperation)です。

デザインかえてみましたが、まだ一部古いフォーマットのままです。しばらくバラバラで見苦しいかと思います。(6/15)

やっとRealists vs Liberalsのページ更新しました。前回の更新より随分間があいてしまいました。。内容に粗さがあると思いますので、皆さんのご意見ご指摘を参考に少しずつ改定していきます。(4/15)

現在紛争予防のページ、更新中です。人間の安全保障、企業と紛争予防のページを更新したら、アジアの安全保障に取りかかりたいと思っています。(7/13)

大学院のページ、更新中です。情報提供してもらえる方募集中です。国際関係論のメインページ参考文献のせました。3月中にアジアの安全保障も。。。と思っていましたが無理でした。これから5月までファイナルで手いっぱいなので、夏休み中に何かアップできるように頑張ります。(4/15)

管理人個人のページ作っています。(3/13)

クラウゼヴィッツの用語アップしました!(3/9)

今年5月にSIPA卒業します。その後は3か月ほど日本に帰り、そのあと中国か台湾に中国語修行に行こうと思っています。人のこと「永久学生」と呼んでいたら私も同じことに...(2003年)

 

Thank you for visiting Securitygirl.net. This webpage is designed for Japanese students who are interested in security issues. The purpose of this website is to introduce some of the topics in security issues to Japanese non-specialists, and to provide conceptual foundations for analytical thinking. In order to encourage readers to further explore their interests, this website includes a rich bibliography for each topic.

The contents are currently divided into 8 categories; Introduction, International Relations Theories, Clausewitz, Asian Security, Conflict Resolution, Graduate School Information, Bulletin Boards, and Links. Since it has gone online, this website has been linked from various websites, including Clausewitz.com, Hatena-Antenna Politics, Japanese Wikipedia (Clausewitz) etc. Unfortunately, there are no current plans to translate all the materials on this site for English speaking visitors and content is primarily offered in Japanese. Please visit this site to learn more about the site's webmaster.